FC2ブログ

いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

写真二人展 拝宮の聲

遥かなる”This is Japan!”
昔より紙漉く村と呼ばれてきた拝宮(はいぎゅう)では、かつて多くの住人たちが、良質な障子紙を漉いていた。
徳島県の那賀川の支流、海抜590mの日本で一番高い所の紙漉き工房です。
拝宮和紙職人の最後の一人、中村 功氏は、現代の暮らしに寄り添える和紙を作り続けます。

拝宮の聲

ただ今開催中の、「写真二人展 拝宮の聲」も、残すところ6日となりました。 
お忙しい中、たくさんの方にお越しいただいております。ありがとうございます。
皆さまからのコメントは、σ(´ρ` )の原動力です。


拝宮の聲


中村氏と出会ったのは5年前、
それまで手すき和紙のことなど無知に等しかった。

拝宮農村舞台へ初めて行った時、
那賀川をどこまでもどこまでも遡って、木頭へ行く出合橋を左手に見て、赤い橋を渡って山道をさらに奥へ
大木と農村舞台の裏を流れる谷川の美しさに感動してしまった。

さらにこの奥に、手すき和紙の村があるなんてことは、思いもしなかった。それほど奥深い。神秘的なところ。

このきれいな水が作る拝宮和紙
ここでしかできない紙
中村さんしか作れない、紙であって紙じゃないこだわりの紙



拝宮の聲



そんな中村ワールドに魅了されました。

そんなものを感じていただけたら幸せです。
お近くにお越しの際、お立ち寄りください。

QRL


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://dreamingpig.blog54.fc2.com/tb.php/978-0b271ea0
該当の記事は見つかりませんでした。