いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

治らない病気

痛みに負けた。(´_`。)グスン
悔しいけど、大学病院に行くことにしました。

昨日は朝から背中にナイフを突き立てられているような、ヤバ〜〜い感じではあったんですけどね...
ピークは3時すぎにやってきました。
何、この痛みというヤツ・・・バキャァッ!!(。´>д<)シ彡☆
死ぬほど痛い。こんな時って時間が経つのが遅いのなんのって・・・

どうにかして〜〜〜〜。
集中できない。何も考えられない。仕事なんてできないーー。
早引きして帰ろうかと思ったんだけど、帰ってもどうにかなるものでもないんです。

仕事の後、写真の例会もあるけど、動けない〜〜〜。
と、いうぐらいの足の痛みだったのです。

大林敏子 ミニチュア・アート展 in ホスピタルギャラリーbe(徳島大学病院西病棟)


やっとキタぁーー! 仕事終わり!
速攻で帰って、足を冷やして足裏マッサージしてやること10分。親指の爪の間から例のゼリー状の粘い液が出ている。これはガングリオンだって。
これが出てくれるとあの七転八倒の痛みは嘘のようになくなるのです。

朝には痛みも消えて当分は大丈夫なんですが、でも、来週は旅行にも行くし、こんな痛みを何度も体験したくないので、紫陽花を撮りにいくのを取りやめて、大学病院へ行きましたよ。

大林敏子 ミニチュア・アート展 in ホスピタルギャラリーbe(徳島大学病院西病棟)



やっぱりね。

病巣を確認しないといかんわね。爪を切られた。死んでるところなので痛くはないけど、一番して欲しくなかったことをやられた。傷口が広がった。
そうでしょ、原因はやっぱりガングリオンでしょ。だから言っているのに〜〜

大林敏子 ミニチュア・アート展 in ホスピタルギャラリーbe(徳島大学病院西病棟)




「ガングリオンは大変ですよ。取り(手術)ますか?」


「いいえ!
 もう長い付き合いですから、仲良くします。」


広げた傷口に化膿止めを塗ってテープを巻いてくれました。また抗生物質を1週間飲まなくちゃいけない。


ついでに、最近は足の裏から痛みが来ているといったら、整形外科に院内紹介状を書いておくのでそっちで診てもらってください。だって。骨のことは分からないので・・・

はい、はい。(整形外科は予約も取れなかった。)



大林敏子 ミニチュア・アート展 in ホスピタルギャラリーbe(徳島大学病院西病棟)



結局、何もしてくれないんだよね。
また痛くなったら、紹介元の病院(皮膚科)へ行ってください、だって。
人の話を聞かない先生のところへなんか、もう行かないよ。先生もガングリオンは整形外科だって言ったじゃない。


毎日、予約の患者さんがこれだけいっぱい来るんだもんね。患部を切って取るというのが一番早い治療法だよね。
治りそうもない病気を抱えている人を一杯見てしまった。
病院へ行っても解決しないんだよね。

どうすればいいのかな?

気力で治そう!

   元気は一番の宝だね。
   宝の重要性を痛感。ありがとう。



写真は、徳島大学病院西病棟 ホスピタルギャラリー be
大林敏子 ミニチュア・アート展 (〜9/28(土)まで)

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://dreamingpig.blog54.fc2.com/tb.php/733-989bfdb3
該当の記事は見つかりませんでした。