いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

自立すること

NEETは、”Not in Education, Employment or Training.”の略で、日本語に訳すると「教育も職業訓練も受けてない状態にある人」という意味です。

ニートの人は、社会へ出て行って、会社とか社会で問題があって引きこもっているという若者だと思っていましたが、そういう人は全体の2割いないのだそうです。
ニートの4割近くが不登校を経験して、不登校の延長で、精神的に対人関係が苦手なものを持っている人たち。成育過程の中で何かトラブルを抱えている人たちなんだそうです。

小さな失敗を恐れて、そんな簡単なことちょっとチャレンジしてみたら、ということが全くできない。過去にあった嫌な経験を前に持ってきて、上手く行ったいい経験を自分の人生の前に持って来れない。

生け花

人間関係の作り方が分からなくて、うまくコミュニケーションを取れない。
理解力のない子、話せない子が増えている。

ずっと昔、ゲームが流行り始めた頃、友達同士が集まっていてもそれぞれがバラバラの行動をして、いる。1人は漫画を読んで、1人はゲームをして、1人はテレビを見てというようなことを指摘していた人がいたけれども、こういう集団が活動しない友達関係で育ってきているので、人間関係力が育ってないという。

教育は10年経たなければ結果が出ない。あの頃はまだニートは少なかった。
人間関係力が弱くなっている子どもたちは、誰がいつニートに陥ってもおかしくない状況らしい。
生け花

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://dreamingpig.blog54.fc2.com/tb.php/44-f9525571
該当の記事は見つかりませんでした。