いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

名前のわからない巨木

往路で通った道は、朝来出石(いずし)線という県道10号を北へ走り、くねくねの山道を走った。

奥山という所らしい。
徳神社だけでは、気付かずに通り過ぎるところだが、途中で「なんじゃもんじゃの木」の看板が目に入る。
どんな木????
呼んでる。呼んでる。

なんじゃもんじゃの木

よく分かりませんが、
クス科常緑照葉樹。
若木の樹皮は紙の原料になるらしいが、成長するにつれて皮がはがれてまだら模様になり、この「鹿の子」からカゴという名前になったという。

何が「なんじゃもんじゃ」かというと、
ここまで大きくて(樹齢200年 幹回り3.8m)、しかもツバキの大木を抱えているのは他にないという。縁結びの御神木として親しまれているというのも納得。

なんじゃもんじゃの木
でも、地元の人の話では、椿の花は少ないのだそうです。

なんじゃもんじゃの木
やっぱり 「なんじゃこりゃー?」って感じ?

徳神社
この辺は、結構雪が深そうな所です。

Category : 未分類
Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://dreamingpig.blog54.fc2.com/tb.php/276-8ff48a3d
該当の記事は見つかりませんでした。