いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

塞翁が馬

何事もなかったかのような毎日を送っていますが、生活が劇的に変わった1年間だったのだと、実感。バカというか、鈍いというか、知らないという事は最強だということだろう。

脳梗塞で倒れたOTTOが要介護の更新になって、やっと社会のシステムを理解することができた。医療者がしきりに年齢を気にしていた事は、介護保険のことだったのだ。医療保険と介護保険は複雑すぎて、言われるがままだけど、本当に面倒くさい。65歳の意味はそういうところにある。

椿山はMyhome


介護認定の更新手続も手間がかかるが、更にottoは特定疾患の更新があり、去年は病院が変わったから、申請書を書いてもらうのにどれほどイヤな思いをしたことか。
「治りにくい病気」や「不治の病」だからということで難病指定され、医療費助成があるのは非常に有り難いことだが、治らないのが分かっているのに1年毎に更新って必要? 家族にとってものすごく負担が掛かるし、医療費のボッタクリじゃないのか?



急傾斜地の椿山





そんなこんなで、タガが外れたのかズレたのか分からないが、あの日以来、ottoは変身したのだ。拘りを捨て人生の緊張がなくなった。何事も笑いで飛ばしてしまう。
笑われたσ(´ρ` )といえば、笑うしかない。


病院を追い出されて半年、退院当初と比べると医療者が驚くほど機能は回復している。
「よーなっとんなー。」と、何度も言われてとっても嬉しそうだった。
「笑い」の良薬に勝るものなし。

とっても幸せだという。

「わたしも幸せになりたい」というと、「お前は幸せでないんか?」という。

「σ(´ρ` )も幸せよ。」と答えた。




にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村



Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

土佐柴刈りの里

ずっと昔、四国の水がめ、早明浦ダムを見たいと、細い山道を延々と奥へ奥へドライブした思い出しかなかった。
その当時は、周りの景色なんかは見てなかったのだろう。ただ遠かった思い出しかない。とんでもないところだと思っていた。


嶺北 早明浦ダム



「嶺北」という響きに惹かれて、そんなとんでもないところへ、これまで何度来ただろう。かつての早明浦ダムへは、細い山道ではありません。遠くもありませんでした。大豊のインターから20分ほどで早明浦ダムが見えてきます。信じられないほど近い。人のイメージなんていい加減なものです。



嶺北 高須の棚田


ダムのさらに奥には、これを棚田っていう? っていうくらい広い水田が広がっています。きれいな畦道と豊富な谷水、山の土は赤土です。どこにもない素敵な風景があるのです。



嶺北 高須の棚田


「稲刈り時分もええよう」
棚田が一望できる休憩所に
コスモスの苗を植え付けに来たおじいちゃん、ありがとうございます。




嶺北 高須の棚田





にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村






Posted by Barbafine on  | 2 comments  0 trackback

新しい遊び方

大きな目が見てた。
どうかした?

大きな荷物を持ってうろうろしているσ(´ρ` )に声を掛けて来てくれたような感じがした。
都会は苦手だわ。
それも住めば都になるのかな?


気になるオブジェ



盛大なレセプションが終わればプライベートタイム

仕事より疲れたけど、いい経験をさせていただきました。
ありがとうございました。何でも経験してみないと分からないものです。


豪華シャンデリア



さあ、これからだと思うのに、みんなは次の日の午前中で帰っちゃうんですって。

天気予報は大当たり
チェックアウトの時間には、雨雲もどこかに行っていました。ラッキー☆^(o≧▽゚)oニパッ
みんな濡れてない?


オアシス



一緒に来ていた同僚が、「ジオキャッシング」に誘ってくれました。
携帯のGPSを使った新しい遊び
お金の掛からない、世界を舞台にしたゲーム

レンタサイクルで、大阪のいろんな所を走り回ってきました。
巧妙に隠されているお宝をさがしている姿は、気をつけないと少々怪しいです。


並木道



食べた、飲んだ、歩いた、走った、電車にも地下鉄にも乗った 楽しんだ
大阪を満喫です。

まだ時間があるのに足が痛くて歩けない〜〜。
足の小指両方にに水ぶくれができて、血が出てるじゃないですか
ビジネスシューズでは無理でした。そっちまで気が回らなかった。
赤い靴を買いました。自分に喝を入れたいときは「Red」を選びます。

結果、17kmも歩いてた。


大阪


携帯があれば、どこでも行ける?
知らない大阪発見!
充電器とウオーキングシューズは必須アイテムです!





にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村




Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

人生の実績

1泊するといいよねー。
夜から朝へ、いろいろな表情を見せてくれるでしょうね。
泊まりは面倒なんです。寝るのは家なんですかね。

大阪へ出張です。会社が表彰してくれるんですって。来年の受賞基準はかなり高くなっているので、もうこんなことはないと思うので喜んで行かせていただきますが、遊びに行くわけじゃないので、いつもと勝手が違います。


黒部ダム


いつまで仕事をしようか、引け時ではないのかと頭を霞めている時だったので、仕事の実績を認めてもらえたいい記念になった。




黒部ダム



学生時代から数字でしか評価しない体制に、突っ張って生きてきたはずなのに、私の長い(?)人生、いつの間にか長いものに抱かれて生きてきたと言うことかもしれない。

この有難い会社で仕事をさせてもらっている時点で、私自身がブレてるこのに気付かなかった。
どこかで割り切れないもの、イジイジしていたのは、そこかもしれない。
将来が見えてこないから、とりあえず言われた課題をこなすことに一生懸命になる彼らを、手放しでは応援できないでいる冷めた私。


黒部ダム


もうこれ以上頑張れない老兵のいい引けどきかもしれない。



黒部ダム


このおばあちゃんが持っていたカメラは、私のよりかなり重いものなんです。
ただただ、感動しました。
私ももっと頑張らなくちゃー。



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村

Category : 未分類
Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。