いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

光のシャワー

いっぱいの光のシャワーを浴びながら、もう少しなんとかならないのかなぁ〜〜

何となく単調だなぁ

回してみる

光の軌跡


だからって、

どうってことないか。


光の軌跡


横に流してみた

だからって、面白くないか (>▽<;; アセアセ

σ(´ρ` )はいったい何をやっているのだろう?


光の軌跡


迷走してみました。


光の軌跡


気分はしっかりブルーに

センスな〜〜〜い  ε~( ̄、 ̄;)ゞフー
凹むよなぁ
ぐらい、入れよってね。

もう今年の光の遊びはオシマイ。来年の宿題です。

Tag : 光の軌跡
Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

イルミネーションの日

恋人たちの邪魔はしないように、クリスマスを避けてやってきました。

少し早めに行ったので人もまばら。そんなものかと思っていたら、暗くなると、やってくる、やってくる。
駐車場はいっぱいになっていました。

満濃公園ウィンターイルミネーション


すごい数のイルミネーション、すごいけど、これを片付けるの大変だろうぁ、なんて考えてながら撮ってしまうんです。作るときは希望に心が踊るけど、片付けって楽しくものないもの。

すごいなぁ こんな平和な日本でシアワセ

そんなことを思いながら 

満濃公園ウィンターイルミネーション

明るい時は影を潜めているシンボルツリーは、どこにいてもかなりの存在感があります。

この日は、風もなくて
そっと、私たちを見守ってくれているような


満濃公園ウィンターイルミネーション



満濃公園ウィンターイルミネーションは、1月3日までしています。

満濃公園ウィンターイルミネーション








Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

新春 Gruppo Foto23 徳島阿波おどり空港写真展

もう来年のことを言っても、鬼も笑わないでしょう。

お正月早々、“Gruppo Foto23 徳島阿波踊り空港写真展”を開催します。
県内の風景・行事、阿波踊り等、徳島を題材にした写真70点です。

    1月3日〜15日(15時まで)
    徳島阿波踊り空港ロビー
    空港駐車場は1時間まで無料

 ゆっくりごらんください。


σ(´ρ` )は 「手延べ半田素麺」の写真にしました。

半田素麺


一時期は300軒もあった手延べ素麺生産者も今では40軒ほど。
四国三郎・吉野川の地下水と阿讃山脈から吹き下ろす寒風"剣山おろし"で仕上げる寒作り、庭先には素麺のすだれが並びます。
半田素麺の魅力は、何と言っても、そうめんの太さとコシの強さです。



半田素麺


それでね、今年も写真を撮らせてもらおうと、報告とお礼に行ったんです。
その日は、天気もあまりよくなかったので、どこにも素麺のすだれはありませんでしたが、静かすぎると思って、思い切ってピンポ〜ンしてみました。



半田素麺


家事をしていた奥さんから、ご主人が突然10月に亡くなったのでもうできないということを聞きました。

昔ながらの製法って、こんなことやってられないというほど、本当に手間ヒマかけているんですね。
この風物詩を継続させるのも難しい。これが写真の意味なのかもしれないと思いながら帰ってきました。



Posted by Barbafine on  | 2 comments  0 trackback

朝のドライブ

もうい〜〜くつ寝ると・・・

カウントダウンの一日は気持ちを急かす。あれもこれも、いっぱいやり残している。

明日があるっていいね。

今でしかできないことから、片付けるだけさ。


マリンピア


日の出とか夕陽とか
最近はあまり撮りに行っていません。どうして行かなくなったんだろう。
天気と休みがうまく行かないこともあるけど、きっと、自分の場所を持ってないからですね。ウロウロするばかりで終わってしまう。

皆さん熱心ですよ。朝早くから三脚がいっぱい並んでいます。だるま朝日のポイント

マリンピア




クリスマス寒波がやってくるという。
今年はもう何度も雪を見せてもらったけど、まだ紅葉も残ってた。

紅葉


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

寒波がやってきた

知らぬというのは、本当に恐ろしい(* ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄)フッ

ちょっとした雪景色を撮ろうと思っただけなんですけどね。こんなになっているとは知らなかった。


大川原高原


これは先週の日曜日。徳島市内からほんの30分ほど上った、風力発電の風車がいっぱい立っているところ。
麓では、雨だった。

こんな近くでこんな風景が見えるんだ。

来れて嬉しい〜〜〜〜〜〜。


大川原高原



σ(´ρ` )は犬か?!

庭をよろこび駆け回る犬みたいに、雪に埋もるのを夢見ていたはずなのに、そんな準備してなかったから、目の前に広がる光景にびっくりしてiPhoneで撮るのさえ忘れていましたー。


大川原高原


山が白い帽子を被ったら、また来たいーー。

スタッドレスの威力に感動!
滑らないブーツを買いました。

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

強い花

気が弛んでいると布団の中の誘惑に負けてしまう。今朝は寒さに負けてゆっくりと一日が始まったのだけれど、何をすることもなく、ぼーっとしているうちに終わってしまった。

蒲生田岬 潮菊


強い潮風に吹きさらされ、土も無いガケに咲く花。
何を好んでそんな悪条件を選ぶのか?

何も知らずに見に行ったが、ずっと前、スーパーの花屋さんで見かけて買って帰った花じゃないか。
あれ以来、わが家では花を咲かせることがないから、名前も思い出せないでいた。
時々思いついたように、手を掛けてやるだけのわが家の過酷な条件にも耐えられるはずだ。ここまでは厳しくない。かろうじて生きながらえてはいるのだけど、どうして花が咲かないのかと思っていた。わが家には潮風は吹かないからね。

蒲生田岬 潮菊


わが家では温室育ちもダメです。昔は飾るところもないくらい、家の中も外もいっぱい花が咲き乱れていたのに、最近では枯らすのが専門。
もう花を買うのは止めようと思うのだけど、ついつい花屋さんの前を通ると買ってしまう。

蒲生田岬 潮菊


ごめんね。
これでも前は、枯れかけた花でも生き返らせるグリーンの手だったのだよ。

今は気持ちがないからだよね。
少し気持ちを変えてみよう。



Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

日はまた昇る

日が上り また沈む
陽のが上らない日はない。だから救われる。

雨は上から下に落ちる。
山を登っていて、「雨が下から降ってきよる。」と、言われたことがあった。
山では雨が足下から降ってくるの? どういうこと? ???r(・x・。)アレ???

かくして、雨は下から降ってきた。ものすごく面白い表現だと感激した。
雨雲が、標高の低い所から高い所に移動してきているという意味だった。


紅葉

当たり前のことだと思っていることに無関心になっている。
落葉が好きです。色とりどりの葉っぱの絨毯。

「人は寒くなるといっぱい着込むのに、木々たちはなんで裸になるんだろうなぁ?」と、聞かれた。


そんなこと考えたことなかった。


紅葉


ある人が、「足下を温めるためなんじゃない?」という答えを出した。

ある意味正解です。

落葉広葉樹は葉が薄くて水分を十分に蓄える機能ないので、葉から水分が失われ易く、寒風には極めて弱い性質なんだそうです。そして水分を含んでいると葉が凍ってしまいます。
幹の方は、葉まで水分を吸い上げなければならず、厳しい冷え込みの時に幹の水分が凍結する危険から避けているからなんですって。そういう目でみると、また違う風景が見えてくるような気がする。

ちなみに、針葉樹などの冬に葉を落とさない木には、樹液に不凍液のような作用を持っているのだそうです。

進化って面白いですね。

σ(´ρ` )ももう少し進化したい…。


紅葉

温かくしておやすみなさい。また来年、よろしく。



Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

トラウマの克服

今年は、徳島の紅葉もとってもキレイみたいですが、タイミングが合いません。もう終わってるし・・・。
でも、やっぱり行ってみないと収まらない。
去年、中津峰からの山越えを試みて死ぬ思いをしたところ。あれで事故ってたら、本当に訴訟もんだったからね。今考えてもゾッとする。・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

通行止め


もう二度と通ることはないけど、今年は、「車両通行止め」の看板がありました。向こう側にもちゃんと出してくれてますよねぇ。バカが通るんですから...
保守管理が遅いって!





そんな山の上なんですよね。
不思議な感じのするところなんです。大きな銀杏の木の下の石仏さまたち


仏陀石



燃えるような紅葉もいいですが、σ(´ρ` )は金色に輝く黄葉に惹かれます。


仏陀石


今年もはや1月で終わりです。
いろんな所へ行きました。
いっぱい写真も撮りました。たくさんの出会いがありました。
みなさん、ありがとうございました。


仏陀石


無事、年が越せますように。
来年の予定をいっぱい詰めこむために、新しい手帳を買ってこよう。


明日があるっていいね。



Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。