いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

いっぱいのシアワセ

あなたは好きなものを最初に食べる派? 最後に残す派?

並べられたお料理の中で一番好きなものから食べていく、それが幸せな食べ方なんですって。
いつも大好きなものを食べてると実感すること。

蓋

あなたが幸せになりたいと思ったら、幸せだと感じること。

不幸の種はいっぱい見つかるんですけど、
幸せの種が見つからない?

蓋


σ(´ρ` )がここにいることを幸せだと感じること。
ほら、幸せの種はいっぱい落ちてるでしょ。

蓋

健康に感謝。
今日もいい一日でありますように。

靴

幸せがいっぱい〜〜〜。

Tag : 神戸 幸せ
Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

お洒落な町

神戸の町を歩くのはルミナリエの時にぐるーーーっと行進させてもらったけど、自由に散策したのは初めてなんです。
着いたのは昼過ぎ。まだ真夏の日射しの中で腹が減っては戦ができませんから、先ずはビールで本日の成果を期待して乾杯〜〜!

足の向くまま 気の向くままと言っても、ほんとうに坂の街なんだね。

初めてのσ(´ρ` )は、ぐるっと異人館めぐり。デーとコースですね。お金かかりました。ビールも高かった。
お洒落って厳しいね〜〜。

神戸異人館
ここではMozartをバックに黒ビールを飲んじゃいました。

外国人は高い所が好きだから? 
いくら夜景がきれいと言われても、σ(´ρ` ) こんな山の上イヤだー。

神戸異人館

住む世界が違っていたようです。


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

前に進むために

やっぱりお盆は夏を連れて帰るのですね。昼間は夏ですが、朝晩少しずつ秋風を感じるようになりました。
なぜか季節が変わるとホッとする。乗り越えたことへの安堵かもしれない、通り過ぎて行ったことへの安らぎかもしれない。平和に思える日々に感謝。

遠いと思っていた秋がそこまで来てしまった。

第3回 ふるっぽ・ふぉと23写真展


9月には写真展があります。10月には県展が待っています。
目の前のものから片付けないと先へ進めない。1年間の反省会みたいなものですね。
ハードディスクの何千枚、何万枚もの写真をどうしよう。見せるようなものはないけど捨てれない。
これがσ(´ρ` )だから。

いま就活に励む(?)My姫の小学校の頃の将来の夢は写真家になることでした。どこでそう思ったのか分かりませんが、「何になるん?」と人から聞かれた時の答えはそれでした。そんな娘に私は「報道カメラマンだけは止めてね。」と言ってしまった。エゴという名の老婆心があなたの夢を潰してしまったのかもしれませんね。

技術とかテクニックは後から付けれますが、感性だけはどうしようもない。私は何を撮りたいのかはよく分かりませんが、感じたものを写したい。

どうにか写真展の写真3点は決まったことで、また一つ前に進むことができます。
「第3回 GruppoFoto23写真展」県立近代美術館1Fギャラリー(9/14〜17)に皆さんのお越しをお待ちしています。

チェーン



Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

半端じゃなかった∑(*☼_☉*)

商店街を歩くのは久しぶり。長男が高知でいた時によく通ったものでしたが、もう10年も前です。その時に呼んでくれなかったのは、この日本が誇る三大がっかり名所の「はりまや橋」もこんなにキレイじゃなかったからかしら?

はりまや橋


鉦・太鼓の阿波踊りの音もかなりのものがありますから音には慣れているはずなんですが、トラックからの強いライトと近くにいるとビンビン感じるスピーカーの音には、鼓膜が破れるかと思った。

よさこい祭り

ものすごい騒音の中で、鳴子片手にダンス ダンス ダンス 踊れなければ土佐っ子じゃない?!
なんとエネルギッシュ!! 楽しそう!!

よさこい祭り

祭りは最高!

よさこい祭り

初めてのよさこい祭りは、半端じゃなかった~~~~!

音とライトとデコトラ 衣装にダンス
かなりお金かかりそう。地元企業の協力があってのことです。地域起こしは祭りからが楽しい。

よさこい祭り

時間の関係でこのトラック協会の踊りが見れなかったのが心残り。
リピーターが増えるのがよく分かる。また、来年もよろしく~~。

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

永遠の灯火

阿波踊りが終わるときっとみんなが感じるんじゃないだろうか。
夏が終わった。
わが家の海水浴は、お盆が過ぎたら海にはクラゲが出るという理由でお盆までとなっていた。
そういうのを刷り込まれているから、お盆を境に虫の声が大きくなるように思える。

灯籠流し

西へ西へ
極楽浄土は西にあるという。夕日に吸い込まれるように流れる灯火
また来年、お帰りください。

灯籠流し

あなた達がいたから今の私たちがいる。永久の灯火は世界の祈り。合掌

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

撮るあほう

徳島の熱い夏に大雨
雨にも負けない踊り子たちに感謝

初日の雨には負けなかったのですが、昨日のσ(´ρ` )雨の強さに出鼻をくじかれてしまいました。


雨の後


あと2日 朝から天気は荒れてますが、気持ちよく踊ってもらいたい。
今日は雨にも負けず、行ってみよう!

2012阿波踊り

いっぱいの感動をありがとうございます。


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

石の町

石のあかりが優しく迎えてくれます。
恒例になるとマンネリになるところが悲しいのですが、石灯籠がよく似合う街並みに仕上がっています。これが町づくりなんだろうと感じました。

牟礼あかりロード




日常の中のあかりが、暑さを忘れさせてくれたような気がします・・・
いい散歩の時間

牟礼あかりロード

むれ源平石あかりロードは9月17日まで開催です。


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

街歩きスナップ in 椿泊

街歩きは楽しいのですが、夏の真っ昼間の撮影会は厳しいものがあります。
そんな中で参加された皆さんは熱いです。この暑さの中を頑張っておられます。
何も見えないよ〜〜。何を撮ればいいの? 集中力が続かない。こんなところまで来て、手ぶらで帰るのヤダー。

椿泊

そんなσ(´ρ` )に「努力賞をあげる。」と言ってくれました。
σ(´ρ` )は「努力賞」なんていらないと言いました。
皆さん条件は同じなんです。「結果をだせなければ意味がない!」かな? (*≧m≦*)ププッ

椿泊


自分の写真って何なんだろう。
復路、往きは見えなかったものが少し見えたような気がします。
やっぱり、歩いてみないといけないということですか?!

椿泊

それで結果は出たのかって?
σ(´ρ` )の写真がいいといってくれる人が一人でもいたら、それが結果なんです。
「努力賞」ありがとうございました。今度は「敢闘賞」をください。

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

踊る阿呆と見る阿呆

徳島の夏といえば、阿波踊りです。
提灯も飾られ桟敷の準備はできています。
徳島の夏は燃えるのです。

大名連



こちらも仕上がり上々。
徳島公園の蜂須賀公の前での阿波踊り撮影会。
熱い踊りを披露していただきました。

よしこの連




顔を見せないところが阿波女?
手のあげ方と形は連によって違います。誰でも踊れると思っているでしょう?
手と足を上げれば阿波踊りなんですが、これがまた難しいんです。
悲しいことにσ(´ρ` )は見る阿呆。

大名連



徳島県人は阿呆ばかり。アホ〜になれるからいいんです!
世代を超えた踊りが楽しい〜〜。

大名連


暑い中をありがとうございました。本番はすぐそこです。
徳島市の阿波踊りは8月12日から15日 みんな阿呆になりましょう!

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

田んぼアート

もう8月です!! 暑いが続いてます。阿南では真夏の新米の収穫ですって。早いね〜〜。
夜はオリンピックで熱く燃えているし、σ(´ρ` )もガンバ!

田んぼアート

香川県東かがわ市に田んぼアートをしているというのを聞いてしまった。こういうお遊び 大好きです。
どの辺りなのかよく分からないけど、何とかなるだろう。ナビ頼りで行ってみた。はい、よろしくお願いします。
この辺に間違いないけど、ウロウロしてしまいました。高い仮設の櫓も立ってるし、幟も立ってるのになんで見落としたのかがよく分からん。どこ見てたん?
ナビじゃダメじゃん。

田んぼアート

8種類の古代米で色を変えているんですって。
こちらは穂がでるのはまだですが、種類の違う稲の穂の出る時期を揃えるのがミソなんですって。
稲穂が出る時にまたお邪魔します

田んぼアート

1本1本手植えの苗も1株1株手刈りなんでしょうねー。
収穫は10月です。
台風に負けるな!空(くう)ちゃん田んぼ。
カラフルな古代米復活してほしい〜〜。


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。