いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

9月の終わり

何も心配することはない

しっかり秋はやってきた

急に涼しくなったお陰で、鼻声で鼻をグズグズさせている人が多い
早速、そんな仲間入りをしてしまったが、ドリンク剤と気力でなんとか飛ばせた。

写真展が終わって、ちょっと気がぬけた。
この週末には県展の選考が待っているが、σ(´ρ` )から離れてしっかり一人歩きしてほしいと思う…。

水たまり

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

らしさ

良くても悪くても、この「らしさ」という代物は、σ(´ρ` )を形成しているアカのようなものなんです。きっと…。
それが出ているからって喜んでいいものかどうかは分からないけど、そこには自分がいることは確かです。
いい感じの垢になるよう磨いてみますか。

文化の森 滝
”水都” 徳島のはずなんですが、ちっとも水が活かされない水都なんです。
経費削減のためかどうかしらないけど、噴水とこの滝はいつ来ても水がないのです。
この文化の森に入った時、階段を下りてくる水に感動したものなのに、水が流れてない滝なんて、つまらない。
と思っていたら、上から水が下りてきました。
日曜日の午後3時、もうすぐ後片付けの時間なんですが、朝から流して欲しかったなぁ。

文化の森 濱谷明夫-藍と造形 空

この建物も開館当初はいろんなこと言われてたけど、立派な徳島の顔になっていますが、もう少し水を活かしてくれるともっと楽しい施設になるのにと、いつも思ってしまう。
文化の森 濱谷明夫-藍と造形 空

Posted by Barbafine on  | 2 comments  0 trackback

ありがとうございました~~!

お陰さまで好評の内に第1回Gruppo Foto23 写真展を終了することができました。
ありがとうございました。

天井の高い会場は思った以上に、飾り付けが大変。
どうにか収まり緊張が解けました。
恒例、集合写真を撮って解散。たくさんの人が来てくれるといいねと、会場を後に。
Gruppo Foto23 写真展

夜の文化の森なんて初めて。
噴水前のエントランスはこんな風景でした。
文化の森 夜



-2010年暑い夏-
  花崗岩の島 犬島 3点
  夏祭りの少女 2点
Gruppo Foto23 写真展

写真を始めて間もないこんなσ(´ρ` )に、こんな発表できる機会をいただき、言われるままに皆さんと肩を並べて作品を見ていただいているわけですが・・・
本人よく分かっていません。(人ω<`;)
どうなんでしょう?
何を見てもらいたいかってことなんでしょうね。
いろんな人が色んなことを言ってくれます。何の反応もないことほど面白くないものはありませんから、とてもうれしい事なんです。とても励みになります。

「ママらしい。」という感想をくれたMy姫の言葉をビタミンにして、もう少し頑張ってみます。
ありがとうございました。

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

悪人

3人で、映画「悪人」を見に行った。

こりゃりゃさんは、最初から泣けたという。
My姫は後半の、お父さんのセリフに泣けたという。
 「あんた、大切な人はおるね?」
  今の世の中大切な人もおらん人間が多すぎる。大切な人がおらん人間はなんでもできると思い込む。・・・」のあたりだろう。
σ(´ρ` )は泣けるところは無かった。私っておかしいのかなぁ?
街の夕暮れ

頭の中では、妻夫木くんが感涙のあまり言葉がでなかったインタビューシーンが離れなかった。入れ込んでいたんだぁ…。
最近、あんなウィングを付けたスカGなんてあまり見かけなくなったよなぁ~とか、
いい感じに撮ってるなぁと..、ついついそっちに目が行ってしまう。かなり毒されてきた。σ(o-*)フゥ

一番印象に残った言葉は、「海を見ると、そこからどこへも行けんような気持ちになる。・・・」
海の向こうに夢があるわけじゃないけど、大きな壁だと感じたことはなかったから、頭を殴られたような感じだった。毎日そんなことを感じながら生活するのって、堪らないなぁー・・・。
ベンチ

「あの人は悪人だったんですよね?」

悪人じゃなくて、弱い人だったんだよ。と、私は思う。
こういうの裁判員裁判で裁けるの?
そっちが恐い。

水たまり




Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

垂直性と水平

村の守り神
石の神様を祀る山神社
犬島 山の神

電気を使わない美術館
犬島アートプロジェクト
煙突からの空気の流れを利用した空調で温度調節がされ、
素晴らしい発想で自然光を取り入れた空間は、感動もの(写真撮影禁止なのが残念~~(*′艸`) )

「精錬所の垂直性に対し、日常に向かって水平に開く」がコンセプトの家プロジェクト

犬島アートプロジェクト<蜘蛛の網の庭>
                        「S邸」


σ(´ρ` )が見つけたアートは「斜光」
犬島 ひかりと影

コンセプトを持ってないもんねぇ~。
あっちへフラリ、こっちでブラリ
これも一つのコンセプトと思えばいいか((●≧艸≦)プププッ
楽しい旅でした。

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

犬島というところ

かつて、ここは石の島。
島の中で見られる池は、石切場の跡らしい。
犬島
この石が全国の城の石垣になっているというのを初めて知った。これからは大阪城の石垣も一味違って見えるだろう。

この島は日本の近代化産業遺産なんです。
犬島

繁栄と衰退
犬島

ここは歴史美術館
犬島

煙突 - 山神社 - 家プロジェクト
犬島

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

見所満載

おばさんがそんなに日焼けしてどうする~・・・
し~~らない。本当にどうしましょう。・゚゚・(>д<;)・゚゚・。 ヒィッ

さすがに緊張が解けて疲れがドッと出ました。
疲れた~~~~。

写真を眺めていると疲れが吹っ飛んだ。

犬島

やっぱり行ってよかったー。
徳島から一人では行くにはちょっと遠いよね。
木野子さんからツアーのお誘いがあったのです。「行く~~!」と、私は二つ返事でOKしたのに人数がなかなか集まらなかったんですって。

日曜日の島は、結構な人でした。ちょっと想定外・・・。本州の人たちが多いみたいです。船の中の親子連れは静岡の人でした。そうだよね、ここは岡山ですもの。

どこを撮っても絵になります。きっとだれでもきれいに撮れるところを、それはそれ、σ(´ρ` )のシルバー愛の目で…。
犬島



犬島



犬島

Tag : 犬島
Posted by Barbafine on  | 2 comments  0 trackback

2010年夏 頑張りました!

”Gruppo Foto23(ぐるっぽふぉと23)” 写真展の作品がようやく決まりました。
ずっと頭の中から離れない。
「どうしよう・・・辛いなぁ」
決まらないと落ち着かないものなんです。「いっぱいあるでしょう~。」とよく言われますが、写真はいっぱいありますが、鑑賞に堪える写真なんてありません。o(TヘTo) くぅ

大体、写真展を2回もするというのが間違ってると思い始めた。無理~~~~~。
”Gruppo Foto23”は初めての写真展。最初から足を引っ張るわけにはいかないものねぇ…。

そんな思いが伝わったのか、この日はこの空に助けられたような気がします。
牛窓より

雨が降るって言ったの、ダレだー?!
日本のエーゲ海

暑かったーー
陽射し

「犬島」を目指します。

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

無謀な挑戦

色んなところへ出かけて行ってるわねぇ~~
って言われます。

だって、
見たいんですもの。
知りたいんですもの。
この眼で確かめてみたいんですもの。
感じたいんですもの。
撮りたいんですもの

何を?

生きてる
感動を
喜びを
面白さを
時間の流れを
今の美しさを
風の動きを
水の音を
山の呼吸を

赤滝

欲張りすぎ!
道ははるか遠く

立ち止まっていたら進まない
前を向いて行って見よう

まだ
探し物は見つからない。

Tag : 赤滝
Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

お知らせ

23人の写真展

4月に発足した写真グループ”Gruppo Foto23”の第1回目の写真展

徳島大学公開講座 上野先生率いる「写真講座」から生まれました。
23人の写真バカたち。いずれも強者ばかり。
力作が揃っています。
足を引っ張らないよう、頑張っております。
どうぞよろしくお願いします。

Gruppo Foto23

9月23日(木)~26日(日)
9:30~17:00(最終日16:00まで)
文化の森 県立近代美術館1Fギャラリー
入場無料


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

ながーい一日のながーい話

その日の続き

見てる人は見るんですねー。隅々までチェックしてるんでしょうねー。
情報通なはずです。
いろんな方から「My姫さん、載ってましたね(徳新のニチヤン)。見ましたよ。」と、声を掛けていただきました。すごいなぁーと反響に驚きました。さすが徳新、健在です。あんなに大きな写真が出るんだったら、もう少し可愛い写真を送ればよかったのに、ごめんね、いい加減な返事して(●>v<●)
ありがとうございました。

このところMy姫の登場がありませんが、彼女の夏休みは、去年から広島平和記念式典から始まって、サークルの合宿が終わるお盆前まであまり家にはいないのです。
お盆はお盆で、帰省している同級生たちとの情報交換がありますから、これまた家に帰ってこれない、とまぁ、こんな8月が終わってしまいました。
実り

そのMy姫は9月1日から前期試験が始まっているんですよ。まだ夏休み中だというのに。それに加えて春から自動車教習所に行っているんですが、未だ卒業できていません。彼女も課題満載。
その課程もそろそろ終わりが見えてきたようで、「効果測定」をパスできたと上機嫌。

σ(´ρ` )はといえば、この日は、9月23日からの”Gruppo Foto23”写真展の出品作品を決める選考会。先生から少し希望のある言葉をいただいたものの、まだ決まってないんですねぇー。
あっちもこっちも詰まってきています。

そんなことなんか知る由もなし・・・
電話の向こうのハイテンションの声。
「ねぇ、ねぇ、映画に行こう! 明日試験ないし。」

げっ、(@。@)/まじで!? 今からからよ、間に合う?
間に合うらしい…

難しかった仕事も終わったことだし、何でもいいいから 行こう、行こう!
蓮

カラフル」というのが気になっているという。今、流行りの臨死体験…
「アニメだけど、いい?」
とまぁ、誘われるまま、何の予備知識もなくこれに決定。
これまでのアニメとなんかちょっと違う
構成の仕方が面白い。ノスタルジックです。

久々に面白いと感じた映画でした。
「生きているって楽しい!」ってことがテーマです。
森 絵都(もり えと)さんにすごく興味が湧いてきた。
Nature Art
原 恵一監督って、「クレヨンしんちゃん」の監督だったのですね。
ありがとう~~!

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

フォーカスポイント

最近クレーム続きでかなりダメージを受けている。
原因はσ(´ρ` )にあるらしい。

色々な勘違いと思い違いとすれ違い、フォーカスのボケたあいまいな応対が原因だ。

くもの巣

それはそれとして、
σ(´ρ` )に出羽島を推薦してくれた○井くんに、「ノスタルジーを感じてくれた?」って言われた。
彼は、この町並みが好きだという。
ノスタルジー
ごめん、
感じなかった。( ´・ω・)y━。
私はてっきり、海と島の光景を推薦してくれたのだと思っていたんですけど…

島も海も遠い、山里育ちのσ(´ρ` )が、この街並みに郷愁を感じるわけないじゃない・・・

と、思うのは私の間違い?
私が育った環境と全く違うので面白いことばかりなんですけど~~Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

言ってくれないと分からなかった、こんな小さな思い違いが大きくなっていくのね。
きっと・・・

フォーカスポイントをしっかり決めて、頑張ってみるワ。ガンバ━━━o(・`ω´・)○))━━━ ル!!!

夏の日

Tag : 出羽島
Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。