いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

ピンク色の気持ち

今日はちょっとした嵐でした。
天気予報は大当たり!

本当は、大鳴門橋の管理用通路を歩く体験ウォークを予定していたので、休みを変わってもらって準備していたのに残念でした。
前日に主催者側から、雨が上がっても風が強そうなので中止という連絡をもらっていました。
天気がよければ夕日も~~なーんて欲張ったのがいけなかった?
来年の企画に優先的に連絡をもらえるということで、来年の楽しみに取っておきましょう。

ぼたん
あなたは完ぺきすぎてσ(´ρ` )は苦手です。
色、香り、容姿
誰をも寄せつけない美しさに圧倒されてしまう。


このところ頑張って撮った写真の整理をしました。

職場でとってもショックな事がありました。
仕事に行きたくないほど、気分的にはかなり淀んでいます。

でも選んだ色はピンク系…


花水木
白い花水木もいいけれど、やっぱり薄紅色がいい。
蕾から徐々に開いて、白いUFOが飛んでいるように見えるのが好き。
な~~んか自分も一緒に飛んでいるような、うっとりしてしまいます。

さし木して1年目ぐらいの時にもらったわが家の花水木が、ようやく小さな花を3つ咲かせました。白い花でした。
今年は咲かなかった木の中に、薄紅色の木があれば嬉しいな。


昔は、れんげ畑がいっぱいありました。
子どもの頃、座り込んでれんげの冠を作りました。
ミツバチさんも少なくなっているとか、れんげの蜂蜜も中国製ですもんねー。
れんげ
かわいくて 優しくて 強くて 丈夫で、こんな花が一番好き。

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

理想の女の一生

My姫の足のキズは、思っている以上にかなりのダメージがあるようです。
頑丈な骨太なのかもしれません。アザは薄くなってきているのですが、深部に痛みがあるそうです。
LED Art Festival

診てもらっている整形外科の待合室で目に留まってしまいました。


 女の一生
  二十代は 美しく
  三十代は 強く
  四十代は 賢く
  五十代は 豊かに
  六十代は 健康に
  七十代は しなやかに
  八十代は つややかに
  九十代は 愛らしく 
殿村進
  そして
  いぶし銀のように
   美しい百歳へ
            進 



殿村進 花咲地蔵より


二十代なんて、それだけで美しいよ!
経験を積んだ三十代なんて、恐いものなしさ
四十代から間違ったかなぁ?
もう手遅れ…

何をしたかったかっていうと、縦書きを入れてみたかっただけ

Category : 未分類
Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

いろいろな灯り

LED Art Festival最終日
灯りがともるのを待つ夕暮れ時
Last Night

なんだかんだ言いながらも、結構楽しませていただきました。

全部は見きれてないけど

小さな灯りが集まって
大きな輝きになりました。
市民参加型のイベントがとっても良かったと思う。
トゥインクル・メッセージ
手づくりの素朴なところがそのままで
色々な人のそれぞれの想いがこもっていて
発想が面白くて、とっても新鮮で、温かくて
小さな灯りがとても力強く見えました。
夜の刺繍:棚瀬茉莉子(光の糸)

あなたの大切な灯りは見つかりましたか
ありがとう~~
LED7

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

花の威力

花冷えというには、寒むすぎでですよねぇ~。

何となく動けなくてぐずぐずしている間に、チューリップも終わってるよねー
芝桜ももう終わっているかもしれません。
待っててくれない~~。

ハナショウブ

よく道ばたの案内板だけを頼りに山道を登るのはいいんですけど、かなり上まできてしまいました。
八久保の芝桜

「どこから来たんで?」
下の国道からよく見えるので、色んなところから色んな人がやってきているそうです。
芝桜

ありがとう
また来年~~
芝桜
来年はもう少し早く訪れたいと思います。
ありがとうございました。

Tag : 芝桜
Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

意識改革

パニックの度合いは、与えられたテーマとスキルの差である。

正にその通りです。
冷や汗をかくときが、多々あります。
一瞬頭が真っ白になる状態をパニクルといいますが、
原因が分かれば、案外慌てなくてすみます。

日々進歩して新しいものがドンドン出てきているのですから、知らないこと、分からないことがいっぱいあって当然。
それに背を向けるか、取り込んでいくかの違いです。

LED Art Festival


楽しいことを探すのを止めました
楽しいことなんてそんなに落ちてないです

好きなことを探すのを止めました
好きになることにしました

拘りを捨てました
そこに無理があったのかもしれません

改めてスタート
きっと自然体のσ(´ρ` )がいます


LED Art Festival

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

過失相殺

車を運転している者として、自爆事故は仕方ないと諦めるにしても、相手がある場合は全部自分に過失があるとは思いたくないものだ。

被害者と加害者
どちらがどっち? と思うのはσ(´ρ` )だけ?

こういう場合に交通弱者という言葉を使うのね。(Wikipediaより)



 交通弱者(こうつうじゃくしゃ)とは、日本においては概ね二つの意味がある。
  一つは、自動車中心社会において、移動を制約される人という意味である。
   運転免許を持たない(持てない)か、自家用車を持たない(持てない)人のこと。

  もう一つは、交通事故の被害に遭いやすい人という意味である。
   子どもや高齢者など、歩行していて交通事故に遭いやすい人のことを指す。
   この場合、自動車が「強者」であり、加害者となるが、
   状況によっては自転車ですら加害者になりうる。



蔵本駅界隈

交通事故過失割合


日本での過失割合は、交通弱者を保護する傾向にあり、歩行者の飛び出し・赤信号無視などがあった場合でも、ほとんどの場合は自動車運転者が過失を問われるケースが多い。
これは自動車運転者側の安全運転義務違反として行政処分が下される。自動車を運転する者はいつでも「かもしれない運転」を心がけなければならないという理論である。同様に、自動車同士、自動車とバイク等でも、大きい車両を運転する側が過失責任を問われることが多い。
ただし、交通弱者保護とはいえ注意義務は誰にでもあり、過失は歩行者や自転車にも問われ、場合によっては交通弱者過失割合が上回ることもある。



今回、My姫の飛び出しですから、過失はMy姫にあるのですが、加害者のMさんのとても親身な対応に敬服してしまいました。
σ(´ρ` ) できない~~。

事故処理は、幸い、My姫が入っていた保険が自転車事故の賠償責任にも使えそうなので、「任意保険での過失相殺」ということで、保険会社間の話に移っています。足の方はといえば、アザはまだかなりなものですが、腫れはほぼ引きました。
皆様にご心配をいただきましてありがとうございました。
お互いに十分気をつけたいと思います。
蔵本駅界隈 マツバウンラン

Posted by Barbafine on  | 2 comments  0 trackback

道ばたの微笑み

かつては国体道路とよばれ、両脇のつつじの植え込みが五月の訪れを教えてくれていたものですが、電柱の地中化に伴う工事で街路樹もつつじの植え込みもなくなってしまいました。

毎日通う道端には、気になる花がいっぱいあるんです。
いつもありがとう。

生命力の強いところが好きです。
控えめなオレンジ色が好きです。
まっすぐ前を向いているところが好きです。

蔵本駅界隈 ナガミヒナゲシ


つぼみの間は下を向いているんです。
何か企んでる?
蔵本駅界隈



一際σ(´ρ` )の目に飛び込んでくるのは、これなんです。

周りの色に消されそうな優しい色
茎も細くて、花も小さくてかわいくても
紫色に染める力強さ

蔵本駅界隈 マツバウンラン

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

雨上がりの朝

家に籠っていたら落ち込むばかり、雨上がりのいい天気
出かけましょう、出かけましょう。

My 師のFOTOFOTO氏の写真にギョッとしながら、やっぱり足が向いていました。
こういう所に目が行くか~~?
やっぱり違うよ~~。

北島チューリップ園

覗き込んで見えたもの

フェアリーたちのダンス
見えるでしょ?!
北島チューリップ園

見えたものは、こんな感じでした。
北島チューリップ園


mimi_mircaさんから譲ってもらった(ごめん、まだ未払いです…)マクロレンズを付けて出かけてはみたのの…
どうもうまく使えない。
使えるようになるのか、ちょっと心配…
綿毛
これぐらいなら、望遠でも撮れるような気がする…
レンズ効果出てない…

つばき
いろいろやって
慣れるしかないか…
難しいねぇ…

Category : 未分類
Posted by Barbafine on  | 2 comments  0 trackback

親の気持ち

温度差の激しい天候と同じように、気持ちも上下する。
一時期の忙しさから解放されてしまうと、時間はあるのに何もすることなく終わった1週間になってしまった。

何かが足りないのよねぇ~~

泉谷川 ホタルの里

新学期を迎えたMy姫は、相変わらずサークル活動に東奔西走の毎日ですが、今年はびっしりと授業が組まれてますから、ほどほどにして欲しいものです。

そんな中の当然といえば、当然
三番目に心配していたことが、とうとう起こりました。

何が心配って、一番困るのは、事件に巻き込まれること。
治安がいいっていっても、女の子が夜中にウロウロしていいわけない。
そうかといって、友達の部屋で泊まるというのも、これも如何なものか。

二番目に心配なのは、健康。
最近のお子さま、妙に軟弱なんです。
骨が細い。抵抗力がない。
不規則、不摂生の上に、なーんか中途半端なものしか食べてないですから…

三番目は交通事故。
主な移動手段は自転車とはいえ、若さに任せて行動範囲は結構広いです。
通学は自動車禁止ですが、最近の学生さんはMy Carをお持ちの方もいらっしゃいますから、どこで事故に遭遇するとも限らない。
泉谷川 ホタルの里

幸い足の打撲という程度で済んだのですが、
体が資本
健康が一番
元気が基本

あ~~ぁ、皺が増えちゃったー。

Category : 未分類
Posted by Barbafine on  | 4 comments  0 trackback

後世に残せしもの

碁盤の町並み
小京都の風情を残しつつも
山間の城下町のシンボル
当時は1時間ごとに太鼓で時を告げていた辰鼓楼の時計台
出石町 

軒を連ねる蕎麦屋さんなんですが…
受け継がれた食文化の面白さを感じました。
出石町

職人通りの生糸商 旧福富家
きれいな格子戸
出石町 旧福冨家住宅

ゆがんで見えるガラスがいいわぁ~~
出石町 旧福冨家住宅

上塗りなしの、むき出しの土壁は珍しくないなんて、こっちでは考えられない~~。
まだ現役ですー。
出石町 酒蔵

回り舞台のある芝居小屋
出石町 永楽館
町おこしはまだまだだと思いますが、歴史と文化の掘り起こしができました。

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

名前のわからない巨木

往路で通った道は、朝来出石(いずし)線という県道10号を北へ走り、くねくねの山道を走った。

奥山という所らしい。
徳神社だけでは、気付かずに通り過ぎるところだが、途中で「なんじゃもんじゃの木」の看板が目に入る。
どんな木????
呼んでる。呼んでる。

なんじゃもんじゃの木

よく分かりませんが、
クス科常緑照葉樹。
若木の樹皮は紙の原料になるらしいが、成長するにつれて皮がはがれてまだら模様になり、この「鹿の子」からカゴという名前になったという。

何が「なんじゃもんじゃ」かというと、
ここまで大きくて(樹齢200年 幹回り3.8m)、しかもツバキの大木を抱えているのは他にないという。縁結びの御神木として親しまれているというのも納得。

なんじゃもんじゃの木
でも、地元の人の話では、椿の花は少ないのだそうです。

なんじゃもんじゃの木
やっぱり 「なんじゃこりゃー?」って感じ?

徳神社
この辺は、結構雪が深そうな所です。

Category : 未分類
Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

進路を北へ

磁石はしっかり北を指しています。
この間まで高速道路なんてなかったんですから、高速道路の乗り換えって、緊張します。
山陽自動車道に乗ったところで休憩
中国山脈もすっかり春模様
山の色

向かうは出石

皿蕎麦を食べに~~?

そんな蕎麦が大好きって訳ではありません。
徳島には城下町の風情はあまり残っていないので、
ちょっと心くすぐられるものがあります。
山間の桜

帰りはこの道は通らなかったから、きっと旧道に入ったのかもしれません。
道路標識のない山の中の道ですが、ナビ任せ

山間の桜 徳神社
小さな川と、いたるところに桜の木が植えられて、ピンク色に染まる山道
町の人の気持ちが伝わるステキな山道
山間の桜

Category : 未分類
Tag : 出石
Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。