いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

努力賞

レガシー化しつつあるMyプリンター
ヘッドを取り替えると、気のせいか以前よりキレイにプリントできるようになった。残っていたインクが無駄にならなかったことを差し引きすると、コスパはそう悪くない。まだ当分ガンバってもらいましょう。


嬉しいような、ガッカリというか、納得というか、変な気持ちの努力賞

「古代織りへの想い」
古代織りへの想い

                  日本農業新聞読者の写真コンテスト テーマ「ふるさと紀行」1月



努力が足りないってことだよね。背中を押してもらいました。

何を撮りたいのだろう、どう撮ればいいのだろう
面白いものを撮りたいのです
生きているってことが面白い

木頭の山の中で こ〜んなにガンバっている人たちがいるんですもの
また、明日から面白ものを探しに行かなくっちゃ



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

My Okinawa

夏の思い出2016

3度目のオキナワ
気のおけない仲間と行く撮影旅行は最高!
言いたい放題、食べ放題、飲み放題、撮り放題?


「雨端(あまはじ)のある空間ー沖縄県名護市役所」

沖縄方言「雨端(あまはじ)」は「庇(ひさし)」です。
玄関を持たない沖縄特有の民家建築様式では、
接客の場であり、横なぐりの風雨を防ぎ、直射日光をさえぎるための空間です。

名護市役所


沖縄には琉球がある!
夜の楽しい宴会のお陰で
沖縄人(うちなんちゅう)と大和人(やまとんちゅう)の壁、すこ〜〜〜し分かってきたような気がした。

泡盛 大好き!
何度行っても飽きないわ。

今度は、どっち行きます? また誘ってください



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村




Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

また明日

いつも見ているようで、何も見えてない

何を見ても、何をしても
あんなに感動したのに

あの感動をもう一度

明日は雨だから、ガンバって夕焼けを撮りに行ってみた


黄昏


川は静かに流れていた
鳥たちはもう帰った後だった
夕焼けももう一つだったけど、疲れた気持ちを持って行ってくれた

空には飛行機雲が残ってた
また、あ〜〜した
よろしく〜〜〜



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

もうい〜〜くつ寝ると・・・

年末恒例行事化した感の「ぐるっぽ・ふぉと23 阿波おどり空港展」も回を重ねること5年です。

年末年始のお互いに忙しい時なんですが、送り迎えのついでがありましたら、気軽にのぞいて見ていただけたら嬉しいです。徳島の違った顔が見えるかもしれません。


第5回 Gruppo Foto 23 阿波おどり空港展

第5回 Grupppo Foto 23 阿波おどり空港展




今年もおわる〜〜〜〜

今年1年、お疲れ様でした。

来年は、良い年でありますように


色んな所へいきますが、徳島って面白いです。
来年も、もっと徳島のいいところ探したいと思います。


風物詩 ウツボ天日干し



雨に負けそうになりながら
寒さに折れそうになりながらも
 
花が咲いていると聞けば 出かけ
祭りがあると聞けば動かされる

何求めているのか分からない 
行ってみたい
見てみたいという気持ちが動かせる
そこには精一杯生きている人がいっぱいいる


風物詩 和田島ちりめん





良い年は待っていても来ないよね。

来年も頑張ろう。



風物詩 柿のカーテン


それでは、皆さん、良いお年を

来年もよろしくお願いします。




にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村

Posted by Barbafine on  | 2 comments  0 trackback

命あっての物種

一寸先は闇って、どういうことを言うんだろう
大雨で家が流されたり、潰されたり、さっきまで元気だった人が急に居なくなったりすること?

何年か前、山道で「今日が私の命日になるのか」と思ったくらい死ぬほど怖い思いをしたことがあったが、タイヤのパンクだけで切り抜けた。
今回は、ゆるい左カーブの下り道、道路には水はけ用の溝はあったが、雨も小降りだし水が溜まっていたとは思えない。突然ハンドルが利かなくなって、遠心力で右に車が持っていかれるがコントロール不能
きっとハイドロプレーニング現象というやつだろう。
どうしようもありませんでした。


めんそ〜れ沖縄



幸いだったのは、対向車、後続車がいたにもかかわらず、怪我することもなく自損事故で済んだ事。
フォグランプは割れて、バンパーには多少傷はあるものの、ボディに傷はなくその車で帰ってこれたこと(家まで80km)。奇跡に近い。

何が起こったのか分かりません。夢の中のできごとのような話。
これは貴重な経験になるのかなぁ


My Carは2週間の入院から無事帰還。
エンジン、足回り異常なし
強靭な体力は持ち主ゆずりか?
ありがとう。
どんないい車より
やっぱりお前がいいわ。頼りにしてます!



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。