FC2ブログ

いじけブタの夢の続き

    すべって転んで、頑張るおばさんの泣き笑い日記「人間万事 塞翁が馬」 いろいろあるから人生さ

少しずつ少しずつ

梅雨が明けてからは猛暑日続き

命にかかわる危険な暑さ

「クーラーを付けましょう」
クーラーのない人は自業自得?

心頭滅却しても 暑い



しっとりした雨は、気もちが落ち着いてしまう
時間も一緒に流しているのかもしれない



橋桁


出かけてしまえば、雨も悪くない

そんな梅雨も明けてしまった

橋桁   橋桁



ボヤボヤしてんじゃないよ
鋭い日差しを突き刺して、急げ 急げと急かされる

じっとしてたら溶けてしまいそう

溶けない程度に頑張ろう!


次から次へと台風が出番を待っている
異常気象が異常でなくなる時も近いのか?


ワタシは、この橋を通ることはできるのだろうか?



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

選択の余地なし

PCは私にとって最高のオモチャ。こんな面白いものはない。
遊んでいるのか、遊ばれているのか、使っているのか、使われているのか、
とにかくPCが使えなくなるのが、一番困るんです。


吉野川



とうとう大手術が必要か?
この前ストライキを起こして警告してきたよね。あれからも文句も言わずに頑張ってくれてたんだね。
もう息が切れちゃった。何をしても起動してくれない~~~。(。>0<。)ビェェン
ヤレヤレ

「このディスクでS.M.A.R.T.エラーが報告されています。このディスクで、修復できないハードウェアの問題が見つかりました。できるだけ多くのデータのバックアップを作成してからディスクを交換してください。」
OS Xが10.9(Mavericks)を10.10(Yosemite)にアップデートするときに、このエラーが出てアップデートできなかったから。もう限界だったのかもしれないけど、まだ3年来てないと思うんだけど 美人短命だから?


ステンドガラス



とりあえず外付けのハードディスクに再インストールしているけど、ノートなのに持ち運びができなくなる。
バックアップはとってあるとはいえ、ちゃんと復元するのは至難の業。始まると途中で止めれないから困るのよね。
データは外付けのハードディスクにいれてあるので、PCの中にデータはそんなんないはずなのに、とんでもなく時間が掛かっています。転送ってそんなにかかる? 
何をやっているのだか (TmT)ウゥゥ・・・


美濃加茂駅



関連性のない写真を並べたのは、今の私も壊れているから
リカバリーをしたいのはワタシです。 。ρ(..*)(*・・)σ ⌒・ ポイッ




にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村




Posted by Barbafine on  | 2 comments  0 trackback

川遊び

先日の同窓会会場の下には、あの四国一の青龍「穴吹川」が流れていました。
水浴びをしている〜〜〜!

忘れてました。σ(´ρ` ) 川で泳いで育ちました〜〜。
これほどキレイな川じゃない吉野川です。隣の町の川はずっと昔からこんなにキレイだったのですね。


穴吹川



駐車している車は県外ナンバーばっかりじゃない。こんな素晴らしい宝物を見てないなんて、σ(´ρ` )は何を見ていたのでしょう。



もっと川で遊ぼう!
やりたい〜〜。祖谷のラフティング
皆さん 楽しそう〜〜
絶対やる〜〜




吉野川


川は流れて


ゆら
   ゆら
      ゆら ゆれて


海のかなたへ
  魂までも連れて行く



新町川

あ り が と う     




にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

何でもない風景

豊かな自然に感謝

春の足音


吉野川に感謝
吉野川

この景色はずっと消えないでほしい

Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback

川を愛した人

泣かされちゃった。

四国の灯り


姫野雅義さん、海部川で行方不明」の突然のニュースから早一月、今日はお別れ会がありました。
20年以上も前、子どもを通した家族ぐるみのお付き合いがありました。子どもはもう30を過ぎているってことね。私たちの一番いい時だったのかもしれない。
子どもの成長とともに、子どもを通してのお付き合いは薄れて行ったけど、そのときの仲間はいつ会っても気の置けない仲間として繋がっている。

すごい活動家(?)でも、家族からしてみれば、強情でわがままな単なる親父だったのではないだろうか。家族のバックアップがあったからこその軌跡だろう。

吉野川を愛し、「どうして?」と思ったことは納得のいくまで引き下がらない強い信念と、純真な子どもの心を持った人でした。
あなたの夢は、次の世代にちゃんと引き継がれているのを感じました。
ありがとうございました。
 合掌
四国の灯り


Posted by Barbafine on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。